21世紀の上越スタイル〕企画によせて

 

みなさん、石塚正英です。

さて、日本の農産物輸出が初の1兆円突破というニュースが先日(テールライト 91-96シボレーコルベット用ブラックハウジングスモークレンズLED第3 [第3]ブレーキライトランプ Black Housing Smoke Lens LED Third[3rd]Brake Light Lamp for 91-96 Chevy CorvetteTGK ライトガイド FG6S-1000F 〔品番:259-87-02-22〕[1905492]「送料別途見積り,法人・事業所限定,取寄」【代引き不可】21スミノエ タイルカーペット ECOS LX-1130 50×50cm 20枚入 メーカー直送

 

コロナ禍による世界的な巣ごもり需要が一因となり、日本における年の農林水産物・食品の輸出額が、初めて年間1兆円を突破することが確定した、とのニュースが昨日()テレビやネットで報道されました(TBSSIBATA TEA 含浸シリカゲル 12本 〔品番:080150-4〕[8382704]「送料別途見積り,法人・事業所限定,取寄」【代引き不可】1633億円を超えたとのことです。

 その際、我々にも関心ある事柄として、アジア各地への特産物輸出があります。昨日のニュースでは果物やホタテガイ、お茶が話題に上がっていました。たとえばテレビ静岡ではこうでした。「ジェトロ・バンコク事務所は静岡県産品の売り込みも支援したいと話す。日本政府は、成長戦略として農林水産物・食品の輸出額を現在の約1兆円から2030年には5兆円にするという目標を掲げている」。

 さて、このニュースに接して、私は上越でみずから立てたある構想を思い出します。それはソバのフランス輸出計画「〔じょうえつ東京農大〕対仏進出企画」です。フランスではソバ粉を使った食品「ガレット」が好まれています。私は、SCS 静電気シールドバッグ ジップトップタイプ279X381mm 100枚入 〔品番:3001115〕[8265453]880【代引き不可】6月に株式会社じょうえつ東京農大(すでに解散)の専務取締役に就任した直後、共同立案者の黒木朋興さんとともに、それまで同社は考えたことのなかった提案を2点致しました。農産物とくにソバの海外輸出と、えちごトキメキ鉄道無人駅(とりあえずは会社に近い有間川駅)での農産物販売です。そのうちについては「北陸新幹線に関する取り組み」というタイトルで市議会の勉強会で披露したり「上越かわらばん」(新潟日報社)に掲載したりしたのですが、は外部に公表しませんでした。でも、21世紀の上越スタイル〕企画によせて当時の企画案を以下に転載します。

 

<目的>

 フランスへの販路を開拓することによって「じょうえつ東京農大」のブランドイメージを高める。

<方策>

1、ジェトロを通じて、フランスの地域産業振興策である「競争力拠点」(PKENIS デジタル照度計 〔品番:3-115-0218〕[8049552]「送料別途見積り,法人・事業所限定,直送」【代引き不可】le de compétitivité)となっている自治体にアプローチし、ジャパンエキスポなどの催事で商品のプロモートを行なう。

2、東京農業大学とフランスの大学との間に交換留学、共同研究や共同学位などの提携関係を樹立し、上記の「競争力拠点」への活動に対する学術的基盤を作る。

イマオ ハンドル 朝顔型ハンドル車(加工付) ハンドル高さ67mm ボス高さ45mm 〔品番:NV315-HN24〕[1317514]「送料別途見積り,法人・事業所限定,取寄」【代引き不可】

 現在、フランスでは「競争力拠点」(Pôle de compétitivité) を立ち上げ、地方を拠点に産業の活性化を計るという政策に力を入れているが、それぞれの自治体で中央政府へのアピールになる国際的授業への関心は高い。また、欧米では環境問題の観点から富裕層を中心に有機栽培による農作物の人気が高まっている。以上の二点を考えるに、農大が開発した有機農法(仏語でBIO)の技術を基に、地方文化の振興という目標を掲げている「じょうえつ東京農大」がフランスへの販路拡大を目指すことは、十分に可能性がありまた意義深いことだと言えるだろう。何より、フランスは農業国であり、食に関するイノベーションには多大なる関心を持っていることを付け加えておきたい。

<注意点>

1、「競争力拠点」(Pハーレー純正 21インチ フロントフェンダー ホットロッドレッドフレーク(HCC 58900336ECN JP店le de compイマオ ハンドル 朝顔型ハンドル車(加工付) ハンドル高さ67mm ボス高さ45mm 〔品番:NV315-K26〕[1328725]「送料別途見積り,法人・事業所限定,取寄」【代引き不可】titivité)となっている地方自治体にとって利になる要素を明示する必要がある。

2、フランスで商品に「有機栽培=BIO」という称号をつけるには、その栽培法について細かい規制があり、その条件をクリアした生産物でないと「有機栽培=BIO」とは名乗れない。よって「じょうえつ東京農大」の米がその条件をクリアしていることを確認する必要がある。

 

JBパワー ビトーR&D CRSキャブレターキット φ31 ゼファー750 404-31-108 JP店